SalesForceLightningのナビゲーションバーにカスタムオブジェクトを追加する方法



カスタムオブジェクトをナビゲーションバーに追加する方法

SalesForce Lightningのナビゲーションバーをカスタマイズして、SalesForceアカウント、SalesForceダッシュボード、SalesForce連絡先などの最も重要な機能にすばやくアクセスします。 SalesForceでは、顧客オブジェクトをナビゲーションバーに追加することは標準のグラフィカルインターフェース操作であり、システムにパーソナライズして数ステップで生産性を高めるために、SalesForceでダッシュボードを作成して、システムにアクセスするときに実行する最初のステップの1つです。 SalesForceナビゲーションバーは、最もよく使用されるインターフェイスアイテムの1つになります。

ナビゲーションバーにオブジェクトを追加する(たとえば、アカウントなどの別のクイックメニューアクセス)は、ナビゲーションバーをパーソナライズする>アイテムを追加する>アイテムを選択する>ナビゲーションアイテムを追加するので、非常に簡単です。

ナビゲーションバーをカスタマイズする

ユーザーのアバターの下にあるSalesForce Lightningインターフェースの右上隅にあるペンのようなアイコンをクリックして、ナビゲーションバーのパーソナライズメニューを開くことから始めます。メニューは「ナビゲーションバーのカスタマイズ」と呼ばれます。

編集関係管理アプリのナビゲーション項目では、ナビゲーションバーの項目をリストにドラッグアンドドロップして視覚的に並べ替えることができます。

一番上の項目がナビゲーションバーの左側に表示され、その他の項目がそれに続きます。またはナビゲーションバーの項目が多すぎる場合はドロップダウンメニューからアクセスできます。

新しいナビゲーションバー項目を追加するには、[項目を追加]をクリックします。

ナビゲーションバー項目を選択する

ナビゲーションアイテムの追加インターフェイスに入ると、まずお気に入りリストが表示されます。これは空でもかまいません。

フォームの左側にあるすべての項目に移動します。

ナビゲーションバーに追加できる利用可能なアイテムのリストから、使用するアイテム(資産、キャンペーン、ケース、ダッシュボード、会社の発見、レコードセットの複製、電子メールテンプレート、ファイル、予測など)に移動します。

アイテムカテゴリの横にあるプラスアイコンをクリックして追加し、展開します。

ナビゲーションバー項目を追加する

検索フィールドを使用して、ナビゲーションバーに追加したい項目のみを表示することもできます。

たとえば、SalesForceで作成されたレポートを検索すると、レポートアイテムのみが表示されます。

SalesForceでレポートを作成する方法は?

プラスアイコンをクリックして、そのカテゴリ内の可能なアイテムのリストを表示してインタフェースに追加した後、カテゴリに複数のアイテムがある場合は、追加する必要があるアイテムを正確に選択します。

次に、項目を選択したら、add nav項目をクリックして操作を確定します。

関係管理アプリのナビゲーション項目を編集する

アイテムが正常に追加されると、フォームは編集関係管理アプリのナビゲーションアイテムの最初のページに戻り、アイテムがナビゲーションバーアイテムのリストに追加されたことを示す確認メッセージが表示されます。

まだ完全に追加されていません。

これで、アイテムはナビゲーションリストの最後に配置されました。必要に応じてドラッグアンドドロップ機能を使用して順序を変更し、最終的にナビゲーション項目リストの先頭近くに項目をプッシュします。

その後、保存をクリックするだけで、ナビゲーションバーが正常に更新され、追加されたばかりの最新のメニュー項目が表示されます。






コメント (0)

コメントを残す