SalesForce Lightningから連絡先をエクスポートする方法



SalesForceから連絡先をエクスポートする方法

SalesForceからの連絡先のエクスポートは、エクスポートする連絡先を含むレポートを作成し、そのレポートをExcelまたはSalesForceから利用可能な別のエクスポート形式にエクスポートすることにより、非常に簡単な操作です。このプロセスは、たとえばレポートのエクスポートの場合のように、SalesForceからExcelにデータをエクスポートするのとよく似ています。

SalesForceからExcelにデータをエクスポートするにはどうすればよいですか?

完全な連絡先リストのエクスポートの完全な例を以下に示します。

連絡先を含むレポートを作成する

ナビゲーションパネルの[レポート]タブを開いて、スプレッドシートにエクスポートする連絡先を含むレポートを作成することから始めます。

次に、レポートダッシュボードで、新しいレポートボタンをクリックして、SalesForceでレポートの作成を開始します。

SalesForceでレポートを作成する方法は?

連絡先を含むレポートがすでに存在する場合は、次の手順をスキップしてそのレポートを開き、そのガイドのレポートのエクスポート部分に直接進むことができます。

連絡先レポートの作成

デフォルトで選択されていない場合は、左側の「アカウントと連絡先」メニューを選択することから始めます。

次に、そこから、エクスポートするすべての連絡先を含むレポートを生成するために、アカウントと連絡先のレポートタイプを選択します。

連絡先とアカウントのレポートタイプを選択したら、レポート作成を続行します。

フィルタリングアカウントレポート表示

レポートが作成されたら、それは文字通りすべての連絡先とアカウントを含むでしょう。興味のあるものだけをエクスポートするために、レポートを少しフィルタリングすることから始めることをお勧めします。

レポートのその他のフィルタを表示するには、左上隅のフィルタをクリックします。

フィルタの詳細で、正しい情報がエクスポートされることを確認してください。

たとえば、長期間にわたって操作が行われていない非常に古い連絡先をエクスポートすることは役に立ちません。

表示されているテーブルにエクスポートする適切な連絡先データが含まれるまで、フィルタ基準を使用することを躊躇しないでください。

正しい連絡先フィルタ基準を選択したら、[適用]をクリックして、プレビュー用にデータを含むテーブルを同時に更新します。

エクスポートするレポートを保存する

エクスポート可能な連絡先データに満足したら、[保存]をクリックして実行します。

レポートをエクスポートして最初に実行する前に、レポートを保存する必要があります。

新しい連絡先やアカウントのエクスポートレポートなどのわかりやすい名前と、同じシステム上の別のユーザーが使用できない一意の名前を付けます。

最終的には、アカウントエクスポートのレポートのように説明を付けます。

完了したら、保存をクリックして完全なレポートを生成します。

レポートからExcelに連絡先をエクスポートする

レポートが生成されたら、右上隅の編集メニューの横にある矢印を選択してエクスポートオプションに移動することでレポートをエクスポートできます。

次の画面は標準のSalesForce Lightningデータエクスポートフォームです。これにより、レポートヘッダー、グループ化、フィルター詳細などの追加情報を含む書式設定されたレポートと、ヘッダーとグループのみを含む詳細のみのレポートのいずれかを選択できます。スプレッドシートの計算に適しています。

エクスポートの形式を選択することもできます。これは、ほとんどの場合Excelスプレッドシートです。

さらに、連絡先はSalesForce LightningからExcelスプレッドシートにエクスポートされ、他の人と簡単に共有したり、他のアプリケーションやインターフェースにインポートしたりすることができます。






コメント (0)

コメントを残す