SalesForce:SalesForceフロービルダーでフローをアクティブにする方法



SalesForce Lightningフロービルダーでフローをアクティブにする方法

SalesForceフロービルダーでのフローのアクティブ化は、セットアッププロセスの自動化メニューで行うことができます。ここでは、フロービルダーを使用してビューにフローを追加できるように新しいビューを作成する必要があります。流れ。

フローはSalesForceワークフローと同じではありませんが、両方とも必要なアクセス権を持つSalesForceアカウントのセットアッププロセスで作成できます。

SalesForceワークフローでワークフローを作成する方法
SalesForceでアカウントを作成する方法

フロービルダーを使用してフローがビューに追加されると、フロービルダー画面で実行することでフローをアクティブにすることができます。

フローを作成してSalesForce Lightningでアクティブにする方法の詳細については、以下を参照してください。

フロービルダー-Salesforceヘルプ

SalesForceアカウントのセットアップにアクセスする

まず、ナビゲーションバーの横にあるSalesForceアカウントの右上隅の歯車アイコンからアクセスできるセットアップメニューを開きます。

カスタムオブジェクトをナビゲーションバーに追加する

設定メニューに入ったら、SalesForceフローにアクセスしてそれらの一部をアクティブにする最も簡単な方法は、検索バーを使用してフローオプションを見つけることです。

フローの新しいビューを作成する

フローをアクティブにできるようにするための最初のステップは、新しいビューの作成リンクをクリックしてビューを作成することです。

ビュー名とビューの一意の名前を指定する必要があり、必要に応じていくつかのフィルター条件を追加できます。

最後に、作成するビューに表示されるフィールドを選択します。たとえば、フローAPI名、古いバージョン、テンプレート、タイプ、ネームスペースプレフィックスを使用、組み込み、フローラベル、説明、最終変更者、最終変更日、アクティブです。

保存ボタンをクリックして、ビューの作成を完了します。

SalesforceのLightning Flowを適切に使用するための9つのヒント

新しいフローの作成

ビューが作成されたので、新しいフローボタンを使用して、そのビューに新しいフローを追加します。

SalesForceフロービルダーの使用

SalesForceフロービルダーの使用 to activate new flows starts by clicking on the start button, which is displayed in the flow builder from the beginning.

新しい割り当てを作成するフォームが表示されます。このフォームには、ラベル、API名、説明、変数値を設定する可能性など、いくつかの情報を入力できます。

SalesForceフロービルダーを使用して、プロジェクトに必要なさまざまな割り当てが作成されたら、保存ボタンをクリックして対応するフローをアクティブにします。

フロービルダーでの新しいフローのアクティブ化

次のいずれかのフロータイプを入力して、フロービルダーで対応する割り当てで新しく作成されたフローを保存します。

  • 自動起動フロー、
  • 連絡先リクエストフロー、
  • フィールドサービスモバイルフロー、
  • フィールドサービススナップインフロー、
  • スクリーンフロー。

適切なオプションを選択したら、フロービルダーを終了し、作成中のフローを保存してフローをアクティブにします。

セットアップで作成されたフローのアクティブ化

フローが作成されたら、フローリストの[アクティブ]オプションの下にある対応するボックスにチェックマークを付けてアクティブにします。

次に、フローが非アクティブとしてマークされている場合、実行をクリックして、フロービルダー画面からSalesForceフローをアクティブにします。

Lightning Flow Builder:例付きのハウツーガイド-中





コメント (0)

コメントを残す